生まれる前に決めたこと

~自分の使命を探して~

就職活動 vol.2-9

3月中旬。

第二陣で応募した企業のエントリーシートが届き始めた。

第一陣の応募分は見事に撃沈してしまった訳だが、それ故に外に出るスケジュールが

ぽっかりと空いてしまう。

しかしながらそれは今までの就活を振り返るという意味では、貴重な空き時間であっ

た。

取りあえず第一陣の応募分を通して気付いたことは、

1.自己分析の掘り下げが不十分。

  生まれてから21年間を通しての出来事・感情を丁寧に拾い、自分の能力・強み・興

  味を理解する。

2.就活は色々な業界を探訪する機会ではなく、就職先を勝ち取る為の活動。

  業界探訪は全くの無駄とは言えないが、それを目的としてはならない。

3.自分のスペック、キャパティを鑑みると選択と集中が必要。

4.適性検査は出来ていなければ普通に落ちる。

 

たった4つ、今から思えば至極当たり前のことばかりであるが、これらの気づきは勘違

いの塊で誤った僕の就職観をぶち壊してくれる、とても有難いものだった。

 

その後に受ける企業については、第一陣応募分の経験・フィーリングも踏まえてざっく

り2つに絞った。

1つ目はメーカー。

2つ目は地場の企業。

メーカーと言っても素材・化学・機械・食品・スポーツ用品等幅広くあるので、まだま

だアバウトで曖昧ではあるが、それでも業界研究・企業研究に費やせる時間は大幅に増

えた。

また同じ分類の企業であれば調べれば調べる程散り散りの知識が繋がり、相乗効果を得

られるようになった。

合わせて自己分析も再度腰を据えてやり直し、第一陣の応募分を比べると、エントリー

シート出来栄えは充実しだし、書類審査の通過率は格段にアップするようになったの

だ。

 

youtu.be