生まれる前に決めたこと

~自分の使命を探して~

生まれる前に決めたこと

就職活動 vol.2-12

少し話はそれるが私の経験上、グループディスカッションには大きく4つに分けることが出来ると言える。 まず1つ目は『自由討議型』 これはあるお題に対して、その名の通り自由に討議を行う。 お題については『時事的なことに対してどう思うか?』とか『就職活…

就職活動 vol.2-11

『グループディスカッション』 それはその名の通り、あるお題を与えられ、そのお題についてグループで討議を行う形 式の面接である。 そしてその討議中の立ち居振る舞い、発言を審査されるのだ。 ちなみに討議の結果、グループで導き出した答えが審査の結果…

就職活動 vol.2-10

ちなみに適性検査の方は言うと、文系だと非言語が苦手な学生が多いが、僕も御多分に 漏れず得意とは言えなかった。 たださすがに何冊もこなす時間は無かったので、とにかく1冊選び非言語を中心に何回 も回した。 結果、こちらも試験対策を行ったことで、不合…

就職活動 vol.2-9

3月中旬。 第二陣で応募した企業のエントリーシートが届き始めた。 第一陣の応募分は見事に撃沈してしまった訳だが、それ故に外に出るスケジュールが ぽっかりと空いてしまう。 しかしながらそれは今までの就活を振り返るという意味では、貴重な空き時間であ…

就職活動 vol.2-8

そんな訳で第一陣の応募分は見事に撃沈してしまった訳だが、今回は少し脱線して2000 年就職氷河期の学生を取り巻く就活状況を、少しだけ振り返ろうと思う。 瞼を閉じて真っ先に思い浮かぶことは、 『とにかく採用予定人数が少なかった。』 ということだ。 東…

就職活動 vol.2-7

ただそんなエントリーシートの通過状況でも、少ない割合ではあるが1次選考に進むこ とが出来たのは、まがりなりにも関西における上位私立大学というネームバリューのお かげだろう。 しかしながら就活の取り組み方に対する勘違いにより、運良く生き残った数…

就職活動 vol.2-6

『受けられる企業は何社だって受ける。』 『なるべく有名企業からスケジュールを埋めていく。提出書類を仕上げていく。』 というスタンスの影響は徐々に出始める。 一番の影響はと言えば、やはりエントリーシートの書類審査が通らないということだ ろう。 エ…

就職活動 vol.2-5

取りあえず応募だけであれば7,80社は行ったであろうか。 選考に進むのであれば最低限履歴書。 必要であれば更にエントリーシートを作成しなければならない。 私はその当時は 『受けられるのであれば何社でも受ける』 というスタンスだったので、とにかく我武…

就職活動 vol.2-4

今後、就活が進んでいくと徐々に詳らかになるのだが、 『新卒』という最強にして唯一のカードを全くのふいにしてしまった原因は4つある。 ①キャリアセンターからの言葉を鵜呑みにしてしまい、様々な業界に食指を動かしてし まったこと。 ②適性試験を甘く見て…

就職活動 vol.2-3

一方、インターネットでの就活の方は大学のパソコン、もしくは自宅で行う場合には主 に夜間に行われる。 正確に言うと、23時から朝の8時だ。 インターネットが普及し始めた当時は常時接続などという素晴らしいサービスは無く、 接続料金は従量制。 だからイ…

就職活動 vol.2-2

今の就活と言えば専らインターネット上で展開されていると思うが、 僕達の時は6:4もしくは7:3くらいでインターネットと就職情報誌だった。 当時のインターネット普及率は恐らく5割いっていなかった記憶があるので、 僕らはインターネット就活の黎明期だっ…

就職活動 vol.2-1

時は遡って2000年1月。 大学ではキャリアセンターからの就活に関する案内が本格化し始めた。 企業を招いての説明会も開催され大学3回生の僕は、 自ずと就職活動ってものを意識しだした。 自己分析、エントリーシート対策、SPI対策、面接対策、業界研究。 色…

春になると思うこと vol.1-2

新卒一括採用主義って何なんだ? 成果主義とか年俸制とかそういうところばっかり海外の真似をするんじゃなくてさ。 採用制度をどうかにかしてくれよ。 就職活動の時期によって割を食った世代をどうにかしてくれよ。 新卒で就活に失敗したら人生のレールから…

春になると思うこと vol.1-1

春。 この時期になるといつも思う。 あの会社に入社していなれば、今頃どんな人生に歩んでいるだろう。 そして思う。 いや、ていうかあと何年か遅く生まれていたら・・・。 自分はどんな会社に入社して。 そしてどんな仕事に就いているのだろう。 売り手市場…

主人公プロフィール

名前 大川 大輔 年齢 38歳 職業 会社員